• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2018/11/22 21:00

12月21日に、原宿で開催する「地域のメシとサケ」で提供する食材を紹介します。

今日は、手前味噌ですが、弊社の商品「ままチョビ」。岡山を代表する魚「ままかり」をイタリア料理の調味料アンチョビ風にアレンジした商品です。カタクチイワシのアンチョビとは違い、すっきりした旨味は、イタリアンにはもちろん、お茶漬けや炊き込みご飯などの和食でもお楽しみいただけます。イベントでは、米田牧子さんにフリットしたマッシュルームとベビーリーフと一緒にサラダにしていただきます。



当日は、ままかRe:Projectのことなど、この商品が生まれた背景、地域のことなども少しお話させていただきます。地域や背景を知るとご飯もいっそう味わい深くなる、かも。


<メニュー(予定)>

川野さんの蒸し牡蠣 レモン胡椒添え 

ままチョビとマッシュルームのフリットとベビーリーフのサラダ 

寒鰤のコンフィと大根ステーキ 

むかごとベーコンの土鍋ごはん 

白味噌のお雑煮

<ドリンク>

出張日本酒バー ほか


—————————–



地域のメシとサケ

日 時 :1221日 19:00

場 所 :VACANT 東京都渋谷区神宮前3−20−13

定 員 :20

料 金 :4000円(食事+1ドリンク)

ゲスト :米田牧子さん(kokiliko)、道前理緒さん(酒うらら)、

聞き手 :アサイアサミ(ココホレジャパン/TURNS副編集長)

食材提供:ままかRe:Project


<ゲスト>

米田牧子

料理研究家。東京生まれ東京育ち。音楽業界を経て、自然食にこだわった飲食店を数々たちあげる。現在は、四季折々の良き食材を取り入れたケータリングやレシピ提供を軸に活動中。

https://kokiliko.com/


道前理緒

岡山県西粟倉村にある日本酒専門店「酒うらら」店主。地元岡山から山陰地方の日本酒を取り扱う。また、日本各地で「出張日本酒バー」を開催。日本酒になじみのないひとも日本酒のトリコにする手腕を持ち、全国から彼女に選んで欲しいと注文が入る。

https://sakeurara.com/


アサイアサミ

ソーシャルグッドなニュースの編集者。「TURNS」「リンネル」「BRUTUS」など、雑誌を中心に活躍中。私生活では2012年ノリで岡⼭県に移住。晴れの国を拠点に、日本各地をココホレしてまわる日々。

http://kkhr.jp


ままかRe:Project

岡山を代表する魚「ままかり」のリ・デザインを通して、地域の可能性を探るプロジェクト。酢漬けで食べられることが一般的なままかりを、アンチョビフィレ風にアレンジした「ままチョビ」のほか、現在までに4商品を企画製造販売している。

http://mamakari.kkhr.jp/

http://shop.kkhr.jp/categories/315191